ご訪問ありがとうございます。 ランキングに参加しています。
宜しかったらポチポチっとお願いします♪

にほんブログ村 テニスブログ 初心者テニスプレーヤーへ
人気ブログランキングへ

2010年03月06日

テニス初心者 ラケット選び

昨日のテニス練習の時に、テニスクラブの人が木のラケットを持ってきていました。

もう、20年くらい前のだと言っていました。

それから、ラケットの話が弾み

丁度試打ラケットをスポーツショップから2本借りている人もいて

試しに握ってみたら軽くて握り易く、打った感覚もとても良い感じでした。

テニス初心者 ラケット選びは、種類もいろいろ価格もいろいろで

どんなラケットを選べば良いのか迷ってしまいますね。


これから、テニスラケットを新しくしようと思っているので、テニス初心者 ラケット選びについて調べてみました。

まず、テニス 初心者のラケット選ぶ時気をつける3つのポイントがあります。

spotaka_tennisrwilson097.jpg

1つ目はフェイス面の大きさ

一般的には100が基準で、それから前後5ぐらいの範囲
95〜105までが許容範囲です。
大きくなると、スウィートスポットが広く、
ミスショットが少なくなります。


2つ目はグリップの大きさ

グリップサイズには日本では1〜3までのサイズがあります。
グリップサイズ2が基準だと考えて下さい。
グリップとはラケットを握る部分のこと。
日本で発売されているラケットのグリップの規格は、
1(G1)・2(G2)・3(G3)・4(G4)です。
数字が大きいほど太くなります。
一般的には、成人の男性は3が一番多く、女性は2を使う方が多いみたい。
後々グリップテープをたぶん巻くことになるので、
サイズは小さ目を選んだ方が賢いようです。


3つ目はラケットの重さ

これも実際に持ってみることが重要ですが、市販されているものや通販のラケット面にある網目状のガット(ストリング)が付いてないものが
多くその分、少しだけですが重さが増すと思って選んだ方が良いです。
男性・・・285〜300ぐらい
女性・・・270〜290ぐらい

テニスラケット選びの基準としては、
 フェイス:100〜105
 グリップ:サイズ2
 ウェイト:270〜300ぐらいの範囲


テニスラケットのメーカーもウィルソン、プリンス、ヨネックス、ダンロップ など色々なメーカーがありますが、
テニス通販の楽天で人気NO1はバボラ テニスラケットだそうですね。

トッププロ愛用のラケットを選ぶより自分に合ったラケットで自分の好みのデザインを選ぶ方が、テンションも上がってテニスを楽しんでやれる事に繋がると思いまするんるん



ポちっとクリックしていただけるとうれしいです♪
人気ブログランキングへ
posted by みき at 20:22| Comment(6) | TrackBack(0) | テニスラケット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月27日

テニスラケット選び?

テニス初心者の私は、最近テニスラケットが気になっています。

というのも、テニスクラブの人が、ラケットレンタルをして試打用として使っていたんです。

とてもデザインも良いし持ってみても軽くて握り易くスイングしやすいんです。



2種類借りていて1週間レンタル無料だそうです。

そういえば今は、お試しレンタルがあると聞いたことがありました。

実際、借りてるのは新しくて借りて使って
フレームに傷などつけても弁償はしなくていいのですね。

下手な私は、すぐにフレームに傷つけそうで

レンタルは大丈夫かなとおもってしまいます。






テニスラケットメーカー

プリンス
ヨネックス
ウィルソン
バボラ
ダンロップ  
ブリヂストン
ミズノ
フォルクル
フィッシャー
プロ・ケネックス
等いろいろあって

プリンスは女性にも愛好者が多いとか。

ウィルソンは今話題のフェデラーや錦織選手などが使っているとか。

私が興味があるラケットがバボラなんですが、

実際手にとって持ってスイングしてみないとわからないですね。

テニスクラブの人は、ヨネックスを注文したとかいっていました。

すぐに決めるのは、難しいのでテニスショップに通ってどれにするか決めようかなと思案中です。

ラケットテニス上達するならいいけどそんなにうまくはいかないでしょうね。

ポちっとクリックしていただけるとうれしいです♪
人気ブログランキングへ





posted by みき at 21:58| Comment(3) | TrackBack(0) | テニスラケット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。