ご訪問ありがとうございます。 ランキングに参加しています。
宜しかったらポチポチっとお願いします♪

にほんブログ村 テニスブログ 初心者テニスプレーヤーへ
人気ブログランキングへ

2010年03月22日

サーブの練習

今日は、テニスサーブのコツを掴む為に、

神尾米のこれからテニスの映像をみて勉強した。




サーブの練習の時のトスアップは、あまり高すぎると


風の影響を受け易いのでボールを余り高く上げない方が良いと言う

テニスクラブのメンバーもいるしテニスプロの映像を見ていると

ぼーるを高く上げている人が多いように思いますが

どちらがいいのでしょうか!?



やはりその人にあったトスアップが良いのでしょうか。

なんか、テニスを続けてると疑問が沢山出てきます。


私の場合、サーブを打った後手首だけで打っているせいで

フィニッシュがボールを打った後振り切っていなくて

体の捻りがないので棒立ちになったフォームになっているようです。

やはり、かっこよく振り切って強いサーブが打ちたいですね。

やはりサーブの練習頑張ってやらないと考えてるだけでは、

うまくならないですね。



ポチポチっとクリックしていただけるとうれしいです♪
にほんブログ村 テニスブログ 初心者テニスプレーヤーへ

人気ブログランキングへ




posted by みき at 17:08| Comment(4) | TrackBack(0) | サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月07日

初心者のテニスサーブの練習

今日は、日曜日でお天気も悪くテニスの練習もできないので

神尾米の「いつでもテニス!」のdvdをレンタルしたので

テニス上達の為にサービスの映像を見てレッスンを受けました。





テニス初心者がわかりやすいようにサーブの練習のコツを纏めました。

映像によると、サーブのグリップは、コンチネンタルグリップを使う。

手首とひじの使い方の練習として
ラケットを少し短く握りコンチネンタルグリップで握り
とんかちで釘を打つような感覚で最後に手首と腕を捻る。



サーブは、コートの外側から打つ。
サーブを打つ前にラインに触ったり踏み越えたら反則です。


前の足はラインに対して45度、後ろ足はラインに対して平行になるように置くいて
足の幅は肩幅くらいがベストです。
両方のつま先の延長戦がボールの飛ぶ方向
ラケットをつま先の線上においてボールを持った左手は
ラケットの首の位置。


トスアップまでの3つの動作

1・ラケットを下から上に持ってくる肘は90度ラケットは頭の真上
  左手でトス(ボール)を上げる

2・トスアップしてから膝を曲げる
  良いトスアップで上手いサーブが打てる

3・曲げた膝を伸ばしながら腰を正面にまわし
  腕と手首はリラックスさせて腰の捻りに合わせて肘を内側にたたん  で腕を上げる
  手を使ってスイングする(とんかちで釘を打つような感覚で最後に  手首と腕を捻る。)


テニス初心者は、サーブは強く打つ必要も無いので
ゆっくりタイミングを取りながら正確な動作を心がける
フィニッシュは体の左側を自然に振り切る
その後はすぐに相手を見て次のプレーに備える



まとめとして、テニス初心者は、

基本に忠実に無理の無いサーブを心がけ

徐々にテニスサーブの練習に慣れて上達してからスピードや

スピンサーブ、スライスサーブなどを取り入れていけば良いと

思いました。

まずは、サーブを外さないように基本に忠実に練習したいと思いまするんるん

ポちっとクリックしていただけるとうれしいです♪
人気ブログランキングへ
posted by みき at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。